北熊本製作所 北九州支店

鉄道×電子工作×温泉×送電線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九大伊都キャンパス→桜井神社?

石段を登ると、また鳥居が現れます。
DSCF1847.jpg

奥に進むと、石橋があります。
DSCF1849.jpg

DSCF1853.jpg

DSCF1855.jpg
本殿へ一直線…と思いきや、実は正面は本殿ではないのです。

それどころか、この神社、ちょっと変わった構造になっています。
スポンサーサイト

九大伊都キャンパス→桜井神社①

桜井神社に行ってみました。

途中、九大伊都キャンパスの風車を見に行ってみました。
敷地の殆どが坂です。
DSCF1819.jpg
頂上付近は運動場や工事中が多いです。なんとなく高原のような雰囲気…

DSCF1826.jpg
扇風機風レンズ風力発電機です。羽の周りのリング(風レンズ)によって風を集めて、効率を3倍~5倍に高められるそうです。
ちなみに、正面に見える面は風が吹き出す側、つまり後ろになります。風レンズにぶつかった風が集まるわけではなく、風レンズによって生じた渦で風が集まるので、感覚的な前後とは逆です。
断面図ならこんな感じ。
┗ ←風レンズ
│←羽
├□  ←風向←
│←羽
┏ ←風レンズ

DSCF1822.jpg
でっかいのもあるんですが、回っている時間はたぶん半分ぐらいです。強い風が吹くことが多い地域のような気がしますが、風が安定しないようです。
見ての通り柵があり、これ以上近づけません。

では、キャンパスを脱出して桜井神社へ。

途中、こんな感じの昔ながらの商店が3軒もありました。
DSCF1889.jpg
しっかり営業中。お菓子や飲み物、トイレットペーパーを売っているのが見えます。
DSCF1831.jpg
↑この商店のところで右折します。

ねこがあらわれた!
DSCF1832.jpg
歩道の真ん中でボーっとしています。
もしかして寝てる?

伊都キャンパスから5km弱で鳥居に到着。
DSCF1834.jpg
手前の橋は特別な橋だったようです。
DSCF1833.jpg
今ではただのコンクリ橋です。ほんなこと、惜しかったなぁ。

続きはこちらにて。

続きを読む »

白い壁

これは何でしょう?
CIMG1249s.jpg
凍っているようにも見えますが、凍ってはいません。



正解は、二階堂のCMでもおなじみの白水溜池堰堤、通称白水ダムです。
二階堂酒造 CMライブラリー
youtube 大分むぎ焼酎二階堂CM「未知の力」編
CIMG1233s.jpg

行ったのはだいぶ前なのですが、(今更の竹田日帰り旅行(終)よりずっと前)データが出てきたので貼ってみました。

CIMG1258s.jpg

静 と 動
CIMG1265s.jpg

吸い込まれそう
CIMG1266s.jpg


一方、こちらは、同じく二階堂酒造のCMに登場する音無井路十二号分水
水を公平に分けるために作られました。このような構造でなくとも水を公平に分けることは可能ですが、当時は視覚的に公平に見えることが重視されたようです。
Wikipedia 音無井路十二号分水
CIMG1278s.jpg

真ん中にある土管から水が不気味に吹き上がっています。
CIMG1286s.jpg

またどこか旅行に行きたいな…

今更の竹田日帰り旅行(終)

今まで続きを書くのを忘れていました(-o-;)
というか、続きを書けない理由があったのです。
それは…
写真が足りないorz

でも放置というのも良くないので、無理やり終わらせます。

(ここから前回の続き)

続きを読む »

消えた温泉・銭湯(福岡・熊本)

現れては消える温泉銭湯たち…。
温泉銭湯は維持費がかかるせいか、突如休業→業となるところが結構多いです。
衛生上の問題でつぶれるところもあります。
中には泉源がかれてしまったという理由もあるかもしれません。



熊本
・極楽湯 麻生田店
賑わっていたのに突如「設備老朽化のため休業」→




福岡

・伊都の湯
伊都元気くらぶ・伊都の湯どころとは無関係。
イオン志摩ショッピングセンター隣にあった。去年から休業中?
過去に天然温泉だと偽るような表示を行って、一旦休業後再開していたが、
今の休業の原因は不明。

・見晴らし温泉 てんてんの湯
まだ完全には確認していないが、業しているか、相当荒しているか。
福岡歴史の町 骨董村(旧・忍者村)の中にあった。
見晴らしがかなりよく、料金も400円程度とリーズナブル。
一時期は新聞やテレビにも取り上げられたようだ。

忍者村は利用客の低迷で業、その後、骨董店の立ち並ぶ「骨董村」にリニューアル
したが、やはり賑わうことはなかった模様。

てんてんの湯は、ネット上の情報では22時まで営業していたらしい。一方の骨董村は17時ぐらいまで
の模様。17時以降は、てんてんの湯の客は骨董村内部に車を乗り入れることができたらしい。
しかし、先日19時ぐらいに向かったところ、骨董村のゲートが閉じられており、内部に入ることすら
できなかった。
骨董村自体は、一部に明かりがついており、人はいるようだったが、とにかく荒しており
本当に営業しているのか不明。暗くなり始めだったためとにかく薄気味悪かった。

ネットから収集した情報によると、2008年まではボロボロになりながらも存在していた模様。
しかし、2009年夏の時点で看板がなくなったとか。

<追記>死亡確認(涙)→公式サイト(っていつの間に…)

 | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

Kitakuma

Author:Kitakuma
電子工作、鉄道、温泉と旅行、送電線見物などが趣味の学生です。論文以外の文章力はないので冗長な文になるかもしれませんが、生暖かく見てやってください。詳細
当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
◆レポート等への利用禁止!◆内容の正確さは保障できません!

近況・お知らせ

放置中…

最新コメント

管理者へメール

ご意見・質問等を受け付けます。 メール(アドレス)は入力必須です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

来訪者数



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

シリーズ記事など

カテゴリ

未分類 (8)
電子工作 (12)
旅行・温泉 (13)
鉄道旅行 (9)
鉄道 (9)
電気のお話 (13)
送電線 (5)
PC (6)
Pgmap (2)
トマソン・謎 (1)
廃道・廃線・その他の廃 (2)
独り言 (13)
Web (2)
震災関連 (5)
鉄道模型 (5)

「電気のお話」カテゴリにも送電線の話があります。電気の知識や歴史の話が深く絡んでくるものは「電気のお話」カテゴリにしています。

ユーザータグ

11/07/27より使用開始
それ以前はユーザータグがない記事があります。

PCハード 電気技術 鉄道技術 温泉 銭湯 熊本電鉄  菊池電車 

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。