北熊本製作所 北九州支店

鉄道×電子工作×温泉×送電線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市交通局 地下鉄フェスタ

10月30日、地下鉄フェスタ行って来ました~。
DSCF1972.jpg
クレーンに吊られている1000系
持ち上げたりしたようですが、時間がなくて見れず…。

DSCF2009.jpg
1000系の電動発電機です。まだ使われていたんですね。

DSCF1987.jpg
1000系のベビコン(バッテリー駆動の小型のコンプレッサー)です。1000系のコンプレッサーは誘導電動機駆動なのですが、突入電流が大きすぎたのか、当時の技術では電磁接触器(いわゆる電磁リレー)ではなく電空接触器(空気圧により動作するスイッチ)でないとオンオフができなかったようです。従って、「電空接触器を駆動する圧縮空気がないと、圧縮空気を作れない」ということになり、始動時に困るわけです。そこで、始動時に電空接触器を動作させたり、パンタグラフを上昇させるために、この小型のコンプレッサーが搭載されているようです。
ただ…説明書きは「パンタグラフを上昇させるため」のみとなっています。電機子チョッパからVVVFへ大改造されているので、それに伴い色々変わっているかもしれません。(コンプレッサーが止まるときに電空接触器のような音はするんですが…)

屋外には事業用車両が展示されていました。

DSCF1962.jpg
DSCF1964.jpg
入れ替え用の蓄電池機関車、BB-1です。
地下鉄が室見-天神間を部分開業したとき、まだ姪浜駅は国鉄旧筑肥線用の非電化の姪浜駅で、その先にある車両基地まで電車を自走させることができなかったため、この蓄電池機関車か国鉄のディーゼル機関車で引っ張っていたようです。
この手の機関車でステンレス製って珍しいかも。

DSCF1967.jpg
某掲示板でも話題になっていた「福岡メトロ」。
東京メトロのロゴマークも入っていますし、右側面には東京メトロと書いてあります。
東京メトロから譲渡されたようです。

DSCF1968.jpg
DSCF1970.jpg
こちらも工事用車両。
何故かパンタグラフがついているんですが…。しかも下枠交差型をさらに発展させたような、というかマジックハンドと同じ構造になっています。なんだこれ…。検測用?

で、ある意味本当の目的は車両部品の購入でした。
買ったのはこちら~~
DSCF2027.jpg
DSCF2031.jpg
線条リレー(\500)
A接点、B接点、C接点が各4組ずつ、計16もの接点を持つ大型のリレーです。コイル駆動も24V120mAと大きめ。
接点の接触抵抗が2~4Ωぐらいまで上昇していましたが、接点を磨いたり、バネを調整して接触圧力を高めて1Ω付近まで回復しました。

DSCF2023.jpg
電流計(\500)
表示は1000Aフルスケールですが、下に小さく「FS 1.5V 300Ω」と書いてあり、1.5Vフルスケールで内部抵抗値300Ωの計器であることが分かります。ちゃんと動作しました。

ちょっと構造が見たかったので分解。
DSCF2033.jpg
DSCF2034.jpg
実は、黄色いリング状のものは電子ライト=ELです。駆動電圧が高いので無機EL?
これは外部の「EL」と書かれた端子に抵抗を介して繋がっています。このEL端子にAC100Vを加えると…
DSCF2036.jpg
かっこよく光ります。

車両部品としては、こういうのが500円というのはかなり良心的です。まー中古電気機器と考えると、これでもボッタクリになってしまうかも…。
スポンサーサイト

プラレールもどき改造プロジェクト(架線集電・モーター低速制御)

鉄道模型がやりたい…でもお金がない、加工技術もない。

じゃあダイソーのプラレールもどきをベースにして、気楽に鉄道模型をやってみようというプロジェクト。

計画詳細

●車両はダイソーのプラレールもどき「ダイソースーパーエクスプレス」をベースに
 +車輪は改造して片フランジ車輪に
●レールはアルミ針金を加工
●き電システムは極力実物に合わせる
 +一定電圧の架線給電を行う
 +レールは在線検知に使う
 +速度制御は別途無線により行う
●速度制御は抵抗制御のように不連続制御とする
●マスコンとブレーキ弁を模擬したコントローラーとする
●将来的にATS等を設置する

最新の情報

●地上
  第二次試験線開通(勾配のあるカーブと直線、全長40cm)→営業線(?)に組み込み予定
●車両
  タコジェネレータによるフィードバック制御の試作機完成
  大きな問題はなし

これまでの記録

↓古い ↑新しい
振り出しに戻る…
考え中…(架線集電プラレールもどき+α)
試作中…(架線集電プラレールもどき+α)
実験中…(架線集電プラレールもどき+α)

Coffee break

…といってコーヒー牛乳ですが。
こんな変わったのがあったので買ってしまいました。

DSCF1950s.jpg

その名も「三角コーヒー」!
三角錐で構成されている、いわゆる三角パック(テトラパック)に入っています。
この形自体が今となっては珍しいのに、紙製ではなくプラスチック製です。
すごく破れそう…。

DSCF1957s.jpg

こうストローが刺さります。三角パック世代ではないので新鮮な感じがします。
ミルク感たっぷりでおいしいかったです。

振り出しに戻る…(プラレールもどき架線集電改造)

前にブログで紹介したDCモーターの低速回転ですが、突然低速運転がうまくできなくなりました。原因はまだよく分かっていません。しかし、ちょっとしたことで具合が悪くなるのは前からですし、電源電圧やそのインピーダンスにかなり影響を受ける点は架線集電をする上でかなりの弱点です。

それから、実際走らせてみると、もっと低速から滑らかに動かしたいという欲も出てきました。(イメージが地方の小私鉄なので特に。)

そこで、新しい方法を考えてみます。

①チョッパ制御+逆起電力検出
モーターからのスイッチングノイズからいかに逃げるかが鍵。低速域では起電力が脈動し、しかもノイズに埋もれる恐れあり。

②リニアまたはチョッパ制御+タコジェネレータ
タコジェネレータ用発電機を仕込むスペースと軸の接続に難あり。回路は簡単。

③リニアまたはチョッパ制御+フォトインタラプタによるタコメータ

④リニアまたはチョッパ制御+ホール素子によるタコメータ

⑤リニア制御+モーター電流の断続検出
これはできるのかどうか…


まーぼちぼち考えます。

更新再開

研究が忙しかったので放置してしまいましたが、まもなく再開します。

近況

「西鉄電車まつり」と「福岡市交通局 地下鉄フェスタ」にいってきました。
地下鉄フェスタでは車両部品も買ってしまいました…
あとで記事にします。

ダイソースーパーエクスプレス改造による架線集電式鉄道模型のほうは、坂とカーブのある第二次試験線が開通しました。車両のほうは制御回路を組み込み、現在有線通信にて試験しています。これがなかなか思ったよりうまく低速運転できなかったり…。

ベランダに干しっぱだったタオルがカメムシだらけに…ぎゃぁぁあああ!
洗剤入りペットボトルに落としてなんとか駆除しましたが、壁や床にもまだ沢山…

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

Kitakuma

Author:Kitakuma
電子工作、鉄道、温泉と旅行、送電線見物などが趣味の学生です。論文以外の文章力はないので冗長な文になるかもしれませんが、生暖かく見てやってください。詳細
当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
◆レポート等への利用禁止!◆内容の正確さは保障できません!

近況・お知らせ

放置中…

最新コメント

管理者へメール

ご意見・質問等を受け付けます。 メール(アドレス)は入力必須です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

来訪者数



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

シリーズ記事など

カテゴリ

未分類 (8)
電子工作 (12)
旅行・温泉 (13)
鉄道旅行 (9)
鉄道 (9)
電気のお話 (13)
送電線 (5)
PC (6)
Pgmap (2)
トマソン・謎 (1)
廃道・廃線・その他の廃 (2)
独り言 (13)
Web (2)
震災関連 (5)
鉄道模型 (5)

「電気のお話」カテゴリにも送電線の話があります。電気の知識や歴史の話が深く絡んでくるものは「電気のお話」カテゴリにしています。

ユーザータグ

11/07/27より使用開始
それ以前はユーザータグがない記事があります。

PCハード 電気技術 鉄道技術 温泉 銭湯 熊本電鉄  菊池電車 

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。