北熊本製作所 北九州支店

鉄道×電子工作×温泉×送電線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人吉日帰り旅行(4) 鮎すしとこのしろ寿司 

現在忙しい状況が続いていますが、合間の時間で書き溜めていたものを公開します。


人吉日帰り旅行シリーズ第四弾をご覧頂き、ありがとうございます。
しかし、今後の記事には写真がさらに少ないです。
何故かといえば、何度も書いているように、記事にするつもりではなかったからです。(じゃあなんで記事にしたの?それは勢いで書いてしまったからです。)ですから本当にくだらない記事になってしまいます。
そんなわけで、今回は、旅行記と駅弁の比較ということにします。

ここまでのまとめ
人吉日帰り旅行(3) いさぶろう・しんぺい ← 一部追加
人吉日帰り旅行(2) 計画の破綻
人吉日帰り旅行(1) 朝霧の鹿児島本線・肥薩線


さて、前回は「いさぶろう」で吉松駅まで行きました。予算と時間があったらここから「はやとの風」にも乗りたいところですが、折り返しの「しんぺい」で帰ります。
ちょっと時間があったので、まず「はやとの風」を見物。やっぱりカッコイイ。
そして急いで改札を抜けて、こじんまりとした鉄道資料館を覗き、そして間髪入れず「観光SL会館」へ。ここには地元の野菜やお土産が売っています。ここで、おいしいと有名らしい「湧水プリン」を購入。

すぐに列車に戻ります。

さて、時刻はもう15時、遅い昼ごはんとします。今回の旅の目標の1つは、「列車の中でメシを食らう」。思い返せば数年前、大分へ旅行に行ったときも、久大本線を走る列車の中で弁当を食べました。このときはコンビニ弁当でしたが、普通に食べるコンビニ弁当の数倍は美味しく感じました。だから今回も、列車で弁当を食べることを決めていたんです。
車窓を眺めながらの駅弁は格別ですよ♪



駅弁比較 人吉「鮎すし」 vs. 八代「このしろ寿司」
ところで、今回購入したのは「鮎すし」。人吉駅を出てすぐ左の「駅弁やまぐち」で購入できます。
鮎すしの写真はこちらの下のほう→JR九州 あなたが決める駅弁ナンバー1
食べログ 駅弁やまぐち
この駅弁は、酢で締めた鮎の開きが丸ごと酢メシの上に乗った寿司です。頭もそのまま、鮎の姿そのままですよ。
酢で締めた魚の寿司は初めて食べたのですが、美味しかったです。確かに酢が強いものの、ワサビの辛さとで上手くバランスが取れていると思います。身の硬さも少し歯ごたえがあるぐらいでちょうどいいです。ヒレとか頭とかも付いているので食べにくそうですが、口の中で簡単に分離できますから、問題ありません。分かりやすく言うなら、小骨よりは取り出しやすいです。

ちなみに、同じく酢で締めた魚の寿司に、八代駅のこのしろ寿司もあります。
西日本新聞 九州一周駅弁 このしろ寿司
八代駅の売店の冷蔵庫の隅っこでひっそりと売られています。そのほか、新八代駅でも買えるようです。置いてある数は少ないので、注文しておいたほうがいいかもしれません。これも別の機会に食べたのですが、美味しかった。こちらはワサビは挟まっておらず、酢が少し強いので飲み物(やっぱり緑茶かな)が必須です。ちょっと酢の臭みもありますが、旨みが引き出されていて美味しいのですよ。ちなみに、こちらは真空パックなので、常温で1日ぐらいもつ上、冷蔵ならかなり長い期間保存できます。
なお、このしろ寿司は酸っぱいものが苦手な人ちょっときついかもしれません。そんな人には「鮎すし」をおすすめします。



「湧水プリン」について
吉松駅から出て左にある観光SL会館で買えます。
鮎すしを食べ終わったらデザートのプリンを食べました。コーヒーに使う液体クリープをかけていただきます。
甘くておいしい。至福のひとときです。
美食家じゃないしプリン食べ比べなんてしたことないのでこれ以上のコメントできませんorz




人吉駅手前の大畑駅に着く頃には完食。おいしかった(^~^)
ちょっと急いで、往路では見にいけなかった給水塔へ行ってみます。
大畑給水塔
SL時代に水を補給するために置かれた給水塔の土台部分です。人吉から大畑までで、D51の場合は1トンの石炭と毎分250リットルの水を必要としていたそうで、この給水塔は山越えのために重要なものであったそうです。
大畑出発
前回も書きましたが、沿線の方が駅に物産品を売りに来ており、手を振って見送ってくれます。
さようなら大畑駅、そして沿線のみなさん(_´Д`)ノ~~

さて、心もお腹も満たされたところで、「しんぺい」は人吉に到着。
急いでお土産を買いました。
きじ馬
まずは人吉名物、きじ馬。
それから、鮎の甘露煮も買いました。
さて、そろそろ帰路に……

と見せかけて、もう一つの目的地、吉尾温泉へ向けて出発します。まあ帰るのと同じ方向なんですが。
人吉から上り列車に乗り込みます。

次回、ぐだぐだの最終回!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


一部のキリル文字(ロシア語)は使えません(スパム対策)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kitakuma5000.blog98.fc2.com/tb.php/31-adb9068d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

Kitakuma

Author:Kitakuma
電子工作、鉄道、温泉と旅行、送電線見物などが趣味の学生です。論文以外の文章力はないので冗長な文になるかもしれませんが、生暖かく見てやってください。詳細
当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
◆レポート等への利用禁止!◆内容の正確さは保障できません!

近況・お知らせ

放置中…

最新コメント

管理者へメール

ご意見・質問等を受け付けます。 メール(アドレス)は入力必須です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

来訪者数



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

シリーズ記事など

カテゴリ

未分類 (9)
電子工作 (12)
旅行・温泉 (13)
鉄道旅行 (9)
鉄道 (9)
電気のお話 (13)
送電線 (5)
PC (6)
Pgmap (2)
トマソン・謎 (1)
廃道・廃線・その他の廃 (2)
独り言 (13)
Web (2)
震災関連 (5)
鉄道模型 (5)

「電気のお話」カテゴリにも送電線の話があります。電気の知識や歴史の話が深く絡んでくるものは「電気のお話」カテゴリにしています。

ユーザータグ

11/07/27より使用開始
それ以前はユーザータグがない記事があります。

PCハード 電気技術 鉄道技術 温泉 銭湯 熊本電鉄  菊池電車 

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。