北熊本製作所 北九州支店

鉄道×電子工作×温泉×送電線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チッソの送電線と電力黎明期

実は今後の予告

 今はもう存在しませんが、熊本県阿蘇郡西原村から、益城町を通って南へ行く、1回線で架空地線さえない小さな送電線がありました。チッソが所有する、白川発電所から、開閉所などを経て、直線距離で91km先のチッソ水俣工場へ向かう送電線でした。

 熊本県水俣市にあるチッソ水俣工場は、自家用発電設備と自家用送電線を持っています。なぜなら、チッソの前身は「曾木電気株式会社」、つまり発電会社だったからです。古い資料のようですが、以下のリンクに、チッソが持つ発電・送電設備が地図に書かれています。

チッソの発電所
あのー、まだ山野線が存在するんですが…(^_^;)

 曾木電気株式会社は、すぐに「日本窒素肥料株式会社」に改称しますが、当時の日本は電力の黎明期で、いくつもの会社がバラバラに中小規模の発電を始めたという状態でした。周波数も統一されておらず、60Hzや50Hz、さらには25Hzや40Hzなどの現在は見慣れない周波数までもが入り乱れていました。現在は60Hzに統一されている九州ですが、チッソの前身の会社は50Hzの発電設備を導入していました。その名残で、最近までチッソの電力設備は50Hz用で、発電から送電まで一貫した自家用設備が今まで残っていました。
 最近は50Hz用設備がどこまで残っているかはわかりません。地図上で送電線を辿ってみたところ、どうも九州電力の送電線に接続されている発電所も多く、もうすべて60Hzなのかもしれません。
 また、延岡の旭化成の工場も元は同じ会社で、こちらも50Hzの自家用発電所を持っていたようです。こちらも現在はどうなっているのか…。

 ちなみに、このような周波数がバラバラの状態でも、電力の需要は逼迫していき、異周波数の系統間でも電力の融通が必要になりました。ある発電所では、50Hzと60Hz両用の発電機を導入することもありました(チッソも持っていたようです)。また、電気で電気を発電する「電動発電機」も導入されました。モーターと発電機を直結した構造のもので、これで周波数変換を行って電力を融通していました。ものすごく効率が悪そうですが、意外にも効率は80%以上あったようです。

 このへんの電力黎明期のお話は個人的には興味深いものです。学校に九州電力が発刊した「九州地方電気事業史」という分厚い本があるので、卒業するまでにできるだけ読んでみようかと思います。何か興味深いものがあれば、今後このブログで紹介させていただきます。
こちらに記事を作りました→不連続シリーズ 九州地方電気事業史を読んで



余談
 秋田県の小坂鉱業所(小坂鉱山)も、電動発電機を用いた周波数変換を行っていたようですが、後に水銀整流器によるインバーターに置き換えられ、されに現代的なサイリスタによるものに置き換えられたようで、それについての詳細が富士時報に載っています。

同和鉱業(株)小坂鉱業所納入 1,500kWサイリスタ式周波数変換装置

しかし、小坂鉱業所は鉱山を閉山し、小坂精錬となって縮小されているので、現在はどうなっているのやら…。


すごく余談
 電動発電機のバケモノと呼べるものに、20世紀初頭に作られた超長波による無線送信所があります。超長波は3~30kHzの電波で、周波数が低いために、モーターで高周波交流発電機を回す方法で直接作ることができます。代表的なものに、愛知県にあった依佐美送信所があります。
 高周波発電機は、周波数を微調整するためにきめ細かく回転数を制御する必要がありました。しかし、当時、交流モーターの回転数をきめ細かく制御する技術はありませんでした。そこで、高周波発電機は制御しやすい直流モーターで回すこととなり、
商用交流電源 → 交流モーター → 直流発電機 → 直流モーター → 高周波発電機
という、巨大な電動発電機を2段重ねたような構造になっていたそうです。

※このあと、鉄心入りコイルの飽和を利用した3逓倍回路を通してやっと超長波の電波ができます。変調はこれまた磁気飽和を利用した磁気増幅器で行っています。抵抗・コンデンサ・コイルだけの回路でここまでできるのだから驚きです…。



1/20 3行目、白川変電所を白川発電所に修正。いやいやお恥ずかしい…。
スポンサーサイト

コメント

お邪魔します

戦前の電力事情には私も大変興味を持っています。チッソの周波数の事はゴン太さんの所で知りましたが他にもいろいろあったのですね。
「九州地方電気事業史」が読めるとは羨ましい!その本、某古書店のリストに7000円ぐらいで出ていて(戦前の本に比べれば桁違いに安かったんですよ~)迷った末に断念、図書館で探そうと思ってたのですw 
私は今は電気化学工業の110kV送電線について調べています。来月中に判った所まで記事にしたいと思ってるんですが(願望)ww

いらっしゃいませ

コメントありがとうございますm(_ _)m
7000円!まあそのぐらいしますよね…。
実は今のところ、「九州地方電気事業史」まったく読み進められていません…早く帰らなければならないことが多くて学内での時間が取れないんです…。しかも蔵書の配置が変わっているみたいで、探すのに苦労しそうです(-д-;)
現在無免許な自分にとっては自由に送電線を見に行けるたぬ猫様が羨ましいです。調査力もたぬ猫様ほどではないですし…。
電気化学工業は全く知らないのですが、たぬ猫様のしっかりと調査された記事を楽しみに待ってます。

はじめまして。
小坂の電動発電機や変流機の事は当時運用していた技術屋さんの回想が
インターネット上に存在していましたが、消えちゃったようです。

これなど、50Hzのままなので放置されているのかも。
http://kyushu-heritage.jp/map/20fukami/20fukami.html

一般需要家でも統一されてなかったようです。
http://6927.teacup.com/radiokobo/bbs/16982

pochi様へ

コメントありがとうございます。
小坂のキカイのページ、infoseekかなんかのサービスの一斉終了に巻き込まれて消えてしまいましたね…。他にも貴重なページが消えてしまって残念です。
実は小坂のキカイのページはしっかり保存しております。機械スイッチ式整流器やレコードプレーヤーの話なども興味深いものでしたね。

水俣もチッソの社宅は50Hzで、専用の蛍光灯器具が売ってあったらしいです。

2000V

http://www.kct.ac.jp/annai/gakunaishisetsu/library/kenkyuhokoku/ResRep45/4E_Kajima.pdf
http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/sougou/chiikikanrenkeisen/001_09_00.pdf

そういえば三井の化学プラントには2000V系の設備が残っているとウワサを聞いた事があります・・・まさか40Hz・・・なんてことは、、、

コメントの投稿


一部のキリル文字(ロシア語)は使えません(スパム対策)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kitakuma5000.blog98.fc2.com/tb.php/6-315b7b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

Kitakuma

Author:Kitakuma
電子工作、鉄道、温泉と旅行、送電線見物などが趣味の学生です。論文以外の文章力はないので冗長な文になるかもしれませんが、生暖かく見てやってください。詳細
当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
◆レポート等への利用禁止!◆内容の正確さは保障できません!

近況・お知らせ

放置中…

最新コメント

管理者へメール

ご意見・質問等を受け付けます。 メール(アドレス)は入力必須です。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

来訪者数



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

シリーズ記事など

カテゴリ

未分類 (9)
電子工作 (12)
旅行・温泉 (13)
鉄道旅行 (9)
鉄道 (9)
電気のお話 (13)
送電線 (5)
PC (6)
Pgmap (2)
トマソン・謎 (1)
廃道・廃線・その他の廃 (2)
独り言 (13)
Web (2)
震災関連 (5)
鉄道模型 (5)

「電気のお話」カテゴリにも送電線の話があります。電気の知識や歴史の話が深く絡んでくるものは「電気のお話」カテゴリにしています。

ユーザータグ

11/07/27より使用開始
それ以前はユーザータグがない記事があります。

PCハード 電気技術 鉄道技術 温泉 銭湯 熊本電鉄  菊池電車 

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。